結婚指輪を購入するタイミングって?

挙式で指輪の交換をしたかったら

結婚指輪の購入時期はいつがベストなんでしょう?結婚が決まり結婚式や披露宴の準備が始まるとあっという間に時間が過ぎてしまい、ゆっくり結婚指輪を探して購入するといったタイミングがなくなってしまいます。特にカップル2人ともお仕事をされている場合はもっと時間が欲しい、と思ってしまうかもしれません。
実際に先輩カップルの皆さんは結婚指輪をいつ頃購入してきたのでしょうか。もっとも多いのが挙式6か月前後での購入のようです。デザインやサイズを決めてから納期まで時間を必要としますのでこれぐらい余裕をみておいた方が良さそうですね。特に結婚式の中で指輪の交換を行いたいカップルにとって結婚指輪は必需品になってきますので、挙式までには間違いなく納品されるようにスケジュールを組んでいくことをおススメします。なんといっても指輪の交換は挙式でのメインイベントの1つですもんね。

結婚指輪のつけるタイミグ

婚約指輪をつける時期はプロポーズから入籍までの間と、比較的皆さんの期間がある程度一致するのに対して、結婚指輪を付け始めるタイミングに関してはカップルそれぞれに違ってくるようです。
先輩カップルの中には、結婚式で結婚指輪の交換をした後からつけたいので、購入しても結婚式が終わるまではつけなかったといった声が多いようです。理由としては結婚式前につけてしまうと神聖さがなくなってしまいそう、挙式でのセレモニーの意味がなくなってしまいそうといった声があるようです。その反面、嬉しくて購入したその日から結婚指輪をつけているというカップルもいますので2人の間で納得したタイミングであればその日がベストな日であり、かしこまった決まりはありません。
2人だけの空間で指輪の交換を行い、これからの愛を誓うという考え方も素敵で良いですよね。