ココを見よう!結婚指輪のチェックポイント

どの素材を使っているか

結婚指輪の印象を決める大きな要素は、デザインと素材です。基本のデザインはシンプルで人を選ばないストレートや、指の太さや関節を目立たなくさせるウェーブなどがあります。各ブランドごとに様々なバリエーションがあるんですよ。同じタイプのデザインでも素材となる金属によって、全く別物の外見になりますよね。プラチナは日本人の指によくなじみますし、白く気品のある輝きがブライダルシーンにぴったりです。変質や変色しにくく耐久性が高いので、結婚指輪向きだと言われるのも分かりますね。最近はピンクやホワイトなどのカラーゴールドも人気です。金属アレルギーの人もプラチナなら大丈夫ですが、最近は加工技術が向上したのでタンタルやサージカルステンレスの、より安全性の高い指輪も登場しました。

アフターケアも把握しておく

結婚指輪は普段からはめることを目的に作られています。実際には、どのようなペースで結婚指輪をつけるかはその人次第です。でも、長期的な使用を踏まえてアフターケアが充実しているお店で購入した方が、万が一の時にも迅速に対処できます。アフターケアサービスの内容は、指輪のクリーニングやサイズ直し、ポリッシングなどです。各ジュエリーショップで無料で受けられるサービス内容や期間が異なるので、アフターケアの内容を比較しながらお店選びをしましょう。複雑なデザインの結婚指輪が欲しい人は、工房に技術者が常駐しているところや海外の本店で修理してくれるところがおすすめ。後で刻印を入れたくなった時や、ストーンの交換なども行ってくれます。